たんぱく質の役割

こんにちは。今日は2月14日、バレンタインデーですね♡

もう2月も半分が過ぎるなんて早すぎて驚きな廣田愛です。

2月後半も元気に過ごしていきましょう♪

 

 

当院では沢山の方がダイエットをされていますが生活習慣や、食事(栄養素)についても意識してもらっています(^ω^)

栄養素は、炭水化物やたんぱく質、糖質、ビタミン、ミネラルなどそれぞれとても大切な役割があります。


中でもダイエット中に特に大事になる栄養素が『たんぱく質』!!!


このたんぱく質には一体どのような役割があるかをご存知でしょうか?


人間の体は水分を除外すると60%がたんぱく質でつくられています。

私たちの身体を構成している筋肉、皮膚、髪の毛、内臓、爪そしてに至るまで主成分はタンパク質なのです。

他にも、エネルギーになったり、酵素、ホルモン、抗体もたんぱく質が関わっています。

人間の体はたんぱく質そのものなのです。


このたんぱく質が不足すると人間はどんなものを食べたくなると思いますか?

実はたんぱく質が足りない時には、人間は甘いものを食べたくなるのです。

しかも厄介なことにその欲求は甘いものを食べてもおさまることはありません。


たんぱく質には『血糖値を安定させる』という働きがあります。


このたんぱく質をしっかり摂っていれば、糖質を摂っても血糖値の上昇はある程度おさえられるのですが、たんぱく質が足りないと、血糖値は急上昇したあと急降下します。この急降下した時に甘いもを食べたくてたまらなくなります。


もしかすると、心当たりがある方もいてるかと思います。

今日から改めて毎食たんぱく質が摂れているか意識してみてください(^ω^)


お肉、お魚、卵、大豆製品など、バランス良く摂りましょう♪



それでは廣田愛でした(^ω^)




関連記事

最近の記事

  1. 家に居ることが増えて〇〇㎏増えた(泣)

  2. 〇〇で免疫力は上がる?!

  3. 〇〇をしたら便秘になった?!

  4. 免疫力UP!

  5. 家に居るとつい食べちゃう?!