ダイエットと夏の過ごし方

お盆休みでリフレッシュできた菊野涼子です!


さてさて、夏こそ肌の露出が増えたりとダイエットを試みる人が多いかと思います。


が・・・落とし穴がたくさん!


夏にやりがちなダイエットNGをご紹介しましょう!


その① 作るのも食べるのもあついから面倒、冷たい麺類になる。

麺類が悪いばかりでなく、単純に栄養価が偏るので脂肪の燃焼につながりません。

なおかつ、のど越しが良いことでついつい食べ過ぎてしまう傾向に・・・

そんな人は、例えば冷麺やそば、そうめんなのをサラダ冷麺やネバネバそうめんにしてしまうといいでしょう!

ネバネバそうめんなら、オクラ、とろろ、納豆、ねぎ、しそ、まぐろなど一品でたくさんの食材を入れれるといいですね~

冷麺は、サラダに使うお野菜をたっぷり使って麺を少なめにすると栄養価アップとカロリダウンにつながります☆


その② 飲み物でカロリー過多に

この暑い時期はどうしてもスポーツ飲料などを取ることが多くなります。

脱水など心配が無い場合は、むやみやたらとると糖質が多い分カロリー過多になっちゃいます。

食べてないのに体重が減らない~なんて時は飲み物も気をつけていただけるといいですね。

当たり前ですが、暑いとアルコールが美味しくなるのですがアルコールは飲みすぎるとダイエットの妨げですね。


その③ 暑いからお風呂につからない

暑いと、お風呂から上がってからの汗がたまらなく苦痛なんて言う方が多いです。

実は、お風呂に入ることで代謝はもちろん、冷え、むくみにもいい影響を及ぼしているのですが

ダイエットに置いての大事な睡眠にも影響を及ぼしています。

お風呂につかることで睡眠の質もアップします、睡眠の質がアップすることで夏の疲れも取れやすくなりますが・・・

睡眠の質が落ちると、イライラしやすいので糖分をやたら欲しくなりやすいということにもつながります。

最近、イライラしている?と思ったら睡眠の質も見直すことと同時にお風呂につかれてるかな~ってことも見直してみてくださいね。

 

 

まだまだ、気をつけるべきポイントは人それぞれですがチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

この暑い時期に、運動を始めて患者さんが多くてとても刺激になっている菊野涼子でした!

 

みなさん本当に頑張られていて感心させられてます。

負けないように私もエアロバイク頑張ろう(^^)

 

 

関連記事

最近の記事

  1. 〇〇をしたら便秘になった?!

  2. 免疫力UP!

  3. 家に居るとつい食べちゃう?!

  4. 10年前に戻った?!

  5. 『コロナウイルス』に負けないために